最新情報・レポート

アスファルト舗装の構造

私たちは、アスファルト舗装を見ても表面の黒い面しか見えません。しかし、実際にはアスファルト舗装は何層にも重なった構造をしています。それぞれの層が機能することで、アスファルト舗装は地面を支えているのです。ここでは、その表面からアスファルト舗装の構造について簡単にご説明いたします。

・表層
アスファルト舗装の最上部にあるのが表層です。その厚さは5cmほどで、交通による荷重を分散する事で磨耗やひび割れを防ぎます。また、滑りにくく安全な移動をもたらすと共に、快適性の実現にも貢献しています。

・基層
表層の下にある、厚さ5cmほどのアスファルト混合物の層です。その下の層である路盤のでこぼこを均すことで、表層に伝わる荷重を均一にします。交通量によっては、基層は省略される事もあります。

・路盤
表層と基層の基盤となる層で、この層までが「舗装」と呼ばれています。上の層の基盤になると共に、上から掛かる荷重を分散して下の路床に伝える役割があります。通常、上層路盤と下層路盤の二層に分かれています。

・路床
舗装面から約1m下にあるのが路床です。荷重を分散させるという点では、路盤と同じ役割を果たしています。地盤が軟弱な場合には地盤改良を行う事も蟻、それは構築路床と呼ばれます。

このようにアスファルト舗装と言うものは何層にもなっており、ただアスファルトを流して終わりというわけには行きません。簡単な補修程度ならまだしも、一からアスファルト舗装を行うのでしたらその分野に強い業者に依頼するのが最善でしょう。

0800-600-0710
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん募集中
スタッフ紹介
対応エリア
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-600-0710

24時間365日・日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0710

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。 弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • アスファルト110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼