最新情報・レポート

アスファルトがひび割れた!原因と対処法とは?自分で治せるの?

アスファルトがひび割れた!原因と対処法とは?自分で治せるの?

 

道路などで目にすることの多いアスファルトですが、ひび割れをしていて通りづらいという経験はありませんか?道路のひび割れの場合、パンクしてしまう危険性もあります。歩行用の道だとデコボコでつまずいてしまい、ケガをしてしまう可能性もあります。

 

道路以外、自分の所有地の場合は、見た目が悪く気になってしまう方も多いようです。重さや衝撃によって発生してしまうアスファルトのひび割れはどう対処すればいいのでしょうか。じつは、ご自身で補修作業をすることも可能です。ここではひび割れの原因や対処法などをご紹介していきます。

 

 

アスファルトがひび割れる原因と発生しやすい場所

ここでは、アスファルトhsひび割れる原因と発生しやすい場所を紹介します。

 

ひび割れの種類とその原因とは?

アスファルトのひび割れにはそれぞれ種類と原因があります。

 

  • ・線状のひび割れ
  • ・亀甲状のひび割れ
  • ・縦状のひび割れ
  • ・横状のひび割れ
  •  

    と様々なひびの割れ方があります。

     

    【原因】

    基本的に道路は、ひび割れや亀甲状のひび割れが発生することが多いです。重さや衝撃など車の走行によって、地面に負荷がかかりアスファルトのひび割れへとつながります。初期段階は縦の一本の線ですが、悪化し亀甲状のひび割れになっていきます。

     

    ひび割れがアスファルト混合物全層に貫通してしまうと、雨水がひび割れに伝わり浸透します。やがて路盤の支える力が低下し、様々な方向へひび割れが広がってしまう亀甲状になっていくのです。アスファルトを敷く際の作業の完成度も関係し、デコボコに敷いてしまうと場所によって受ける重力や衝撃が変わるため、ひび割れしやすくなってしまいます。

     

    道路以外のアスファルトのひび割れ原因としては、太陽光などにより材料が分解して弱くなってしまう場合や、金属などをアスファルトに落としてしまうなど衝撃を多く与えることでひび割れが発生してしまうケースもあります。また、アスファルトには寿命があり、一般的に10年ほどといわれています。そのためアスファルト本来の持久性によりひび割れになってしまうこともあるのです。

     

    どういう場所に発生しやすい?

    道路のアスファルトのひび割れは、基本的に車からの衝撃が原因です。そのため、車が通行する車輪通過部に入ることが多いでしょう。道路以外の場所では、日光の当たりやすい出入り口付近や、重力がかかっている場所に発生することが多いです。

     

    ひび割れを放置しておくのは危険!

    アスファルトのひび割れを放置することはとても危険です。最悪の場合は、ケガをしてしまう可能性もあります。道路を通行中、ひび割れしているデコボコな部分とタイヤが接触し、タイヤがパンクしてしまう可能性もあります。 また、歩行場所の場合は、お子様がつまずき転んでしまうケースも考えられます。このような事故にもつながってしまうため、ひび割れを放置することは危険なのです。

     

    アスファルトのひび割れの対処法とは?

    アスファルトのひび割れの対処法とは?

     

    アスファルトがひび割れしてしまった場合はどのような対処をすればいいのでしょうか。アスファルトは業者の人が敷いていることも多いのですが、実は簡単に自分で敷けるものなのです。自分の敷地内のアスファルトであれば対処してみてもいいでしょう。手順や準備するもの、注意点をご紹介していきます。

     

    自分でもできる補修方法

    ひび割れを補正する方法として、ひび割れ場所に新しいアスファルトを敷きつめる方法とひび割れ場所に補修材を流し込む方法などがあります。

     

    新しいアスファルトを敷きつめる場合は、穴の中に新しいアスファルトをつめこみ、平らに伸ばします。そのうえから水をかけることで固まるという方法があります。

     

    ひび割れ場所に補修材を流し込む場合は、言葉のとおりひび割れしている隙間に補修材を流し込むだけで完成します。

     

    アスファルトのひび割れ補修をする材料は、ホームセンターなどで購入することができます。気軽に購入することもできるので、説明書などの手順に従ってご自身で作業してみるのもいいかもしれません。

     

     

    自分では不安なときは業者に依頼しよう!

    自分でも補修することはできますが、自身で作業するのは不安…という方は業者に頼むのも一つの手です。有名な業者に依頼しても自分の住んでいる地域で工事を行っていない可能性があります。引き受けてくれたとしても運搬費がかかってしまう可能性もあるため、地域の業者に頼むほうが経費を抑えることができるかもしれません。

     

    優れている業者は、国や県市町村から表彰されていることが多いです。業者や市町村のホームページで確認することができるので確認してみるといいでしょう。

     

    料金は作業する範囲や業者によって異なります。電話で症状などを伝えて概算をしてくれる業者もあるので、まずは相談してみるといいかもしれません。

     

    アスファルトには寿命がある!メンテナンスの重要性

    アスファルトには寿命がある!メンテナンスの重要性

     

    アスファルトには寿命があります。いずれひび割れが発生してしまいますが、できるだけ長く使うためにはメンテナンスなどで状態を維持することが大切です。

     

    設計や施工方法、強い衝撃を受けやすい場所かなどの条件によって寿命は異なりますが、一般的には10年ほどといわれています。光が当たる場所は太陽光によって材料が分解されて弱りやすくなってしまいます。

     

    アスファルトの状態を維持することが大切なので、メンテナンスを行うといいかもしれません。業者にメンテナンスを依頼すると、どこの部分が弱っているかなどの検査をしてくれて、どこをどうするべきか教えてくれるでしょう。 できるだけ長く使いたいという方はメンテナンスを行うといいかもしれません。

     

    まとめ

    原因を知ったことで、ひび割れを軽減させることができるかもしれません。日頃から負担をかけないなど、気をつけることのできる場所は対策するといいでしょう。

     

    寿命もありますので、定期的メンテナンスを行いひび割れしないよう対策することをおすすめします。ひび割れが原因でケガをしてしまう可能性もありますので、ひび割れを防ぐことが大切です。

     

    私有地内のアスファルトがひび割れしてしまった際は、ホームセンターなどで材料を購入しご自身で作業することもできます。自分で補修作業を行うのが不安な方は業者に依頼することをおすすめします。

    0800-600-0710
    無料相談窓口へ
    よくあるご質問
    職人さん募集中
    スタッフ紹介
    対応エリア
    • 他社との比較
    • お客様の声
    • ご相談から作業完了まで

    通話料無料 携帯電話 PHSもOK

    0800-600-0710

    24時間365日・日本全国受付対応中!

    • 無料相談はこちら

    利用規約はこちら

    上枠

    CM

    下枠

    24時間365日お客様をサポートいたします

    0800-600-0710

    24時間365日・日本全国受付対応中!
    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • しもの
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    • 無料相談はこちら
    対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

    選ばれる4つの理由

    対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。 弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

    各種クレジットカード使用可能です

    ※手数料がかかる場合がございます
    ※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

    情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

    プライバシー対策も万全です

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

    弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

    • アスファルト110番とは
    • 無料メール相談窓口へ
    • 無料現地調査の依頼