アスファルト舗装でお悩みを解決!駐車場工事の施工事例

アスファルト舗装でお悩みを解決!駐車場工事の施工事例

 

駐車場はどの地域にもありふれていますが、砂利や土、コンクリートなど、使用されている素材はさまざまだと思います。素材それぞれには、利点や固有の特徴があると同時に、デメリットや問題点も発生します。

 

実際に駐車場をお持ちの方の中には、雑草が生えやすい、水はけが悪いなどの問題を抱えている方がいらっしゃると思います。しかし、それらのデメリットは舗装の素材をアスファルトに変えるだけで解決できるかもしれません。

 

今回は、砂利や土、コンクリートといった素材を使用した駐車場でのお悩み例を挙げると同時に、アスファルト舗装での解決策をご紹介します。アスファルトだからこそできることはたくさんあります。アスファルトの特徴やメリットを知って、ぜひ快適な駐車場を目指してみてください。

 

 

砂利の駐車場を舗装した事例

まずは砂利の駐車場を見ていきましょう。砂利はアスファルトやコンクリート舗装をするよりも安く仕上げることができますが、草が生えやすいなどの問題点も抱えています。どのように解決すると良いのでしょうか。

 

 

砂利の駐車場で多い悩み

砂利の駐車場では、春先から秋にかけてはとくに、砂利の合間から草が生えてくるという問題があります。草の処理をしようとしても砂利の間や下層部にも入り組んだ根はなかなかしつこく、処理がし辛いものです。

 

他に砂利の駐車場で起こりがちなのが、石が跳ねて自動車のボディに当たることです。車を大切に使用している方にとっては非常に厄介な問題です。

 

また、砂利が駐車場の範囲外に飛び出したりすることで、砂利が年々減ってきてしまいます。砂利が減ると駐車場としての機能を保つことができませんので、その都度砂利を敷きなおす必要があります。

 

 

舗装工事事例の紹介

砂利をアスファルト舗装に変える場合、まずは表面を掘削します。ある程度砂利を掘削できたら砕石を準備し、砂利のエリアの中でも草がよく生える部分に砕石を敷きなおします。その後転圧作業などを行うことで路盤を整えます。

 

路盤整正の後は、アスファルトを敷き均し固めていきます。

 

最後に、必要であれば車止めブロックなどを設置します。

 

 

アスファルト工事でお悩み解消

砂利の駐車場をより密度の高いアスファルトに舗装しなおすことで、草が生えにくくなります。砂利の間から生えてくる雑草を抜く手間がなくなるだけでなく、砂利とは違いアスファルトは固まっているため、駐車場に落ちてくる枯葉の掃除も楽になります。砂利を車にぶつけてしまう危険性もないので、車を美しく保つためにもアスファルト舗装はおすすめです。

 

 

土の駐車場を舗装した事例

土の駐車場を舗装した事例

 

お次は土でできた駐車場の事例です。土の駐車場は水に弱く、雑草も生えやすいです。アスファルト舗装にすることでどのようなメリットが得られるのか、どのようにリフォームを行うのかを見ていきましょう。

 

 

土の駐車場で多い悩み

土の駐車場は、天候により善し悪しが左右されやすいです。晴れて風もない日には問題なく快適に駐車することができますが、雨の日・風の日にはさまざまなトラブルが起こります。

 

例えば、雨が降ると日ごとに土が雨に混ざって道路へ流れ出てしまい、駐車場の表面がすり減ってしまいます。雨の日には表面がぬかるむので、車が出入りするのも一苦労です。風が強い日には土が舞い、駐車場の土が減るだけでなく、舞った土が止まっている車を汚してしまうこともあります。

また、砂利同様に草が生えやすいのもデメリットといえます。

 

 

舗装工事事例の紹介

土の駐車場をアスファルト舗装するときには、空き地を駐車場に変える方法と同じような工事が行われるようです。

 

隣接する土地との境界が分かりづらい場合には、まずコンクリートブロックを敷地周りに置き、境界を明確にします。その後、余分な土を取り除き、路盤整正を行います。そして整った路盤の上にコンクリートを敷き、転圧していきます。

 

必要であれば車止めブロックを設置し、白ラインを引きます。フェンスなどで駐車場を囲うことも可能です。

 

 

アスファルト工事でお悩み解消

土の駐車場をアスファルト舗装に変えることで、先ほど記述したような問題ごとはほぼなくなります。排水性の良いアスファルトなら地面がぬかるむこともなく、土が舞うようなことにもなりません。

 

土では生えやすい雑草もアスファルトでは生える確率が低いため、お手入れを頻繁にする必要もありません。より負担の少ない形で快適に使用できるのがアスファルト舗装なのです。

 

 

コンクリート土間の駐車場を舗装した事例

一般住宅や店舗でよく使用されているコンクリートは、デザイン性が高いこともあり人気の舗装です。コンクリートは舗装方法や成分が異なります。アスファルトはガソリンの副産物であり、アスファルト合材という素材を使用している一方で、コンクリートはセメントや砂利、水が合わさったものです。

 

混同されがちなコンクリートとアスファルトですが、コンクリートからアスファルトに舗装を変えることでどのような問題解決が見込めるのかご紹介します。

 

 

コンクリートの駐車場で多い悩み

コンクリートはその性質上、水はけが悪いので、雨の日には水たまりができるなど、少々使いづらい駐車場になってしまいます。

 

また、コンクリートは色が薄めな場合が多いので、タイヤの跡がつきやすいというデメリットもあります。コンクリートは長年使用するとヒビが入りやすいというのも悩みのひとつでしょう。

 

 

舗装工事事例の紹介

コンクリート舗装をアスファルトに変えるケースでは、まずは古くなったコンクリートを撤去することから始まります。

 

コンクリートの撤去後は、砕石を敷き、転圧をします。その後は他の舗装工事と同じように、アスファルト合材を敷き均し、転圧をします。

 

 

アスファルト工事でお悩み解消

アスファルト舗装は排水性が高いので、雨の日に水たまりができる心配は少ないです。また、アスファルトはコンクリートに比べ舗装費用が安く済むので、再びコンクリート舗装をし直そうとするよりも安く済む可能性が高いです。

 

さらに、コンクリートよりも走行性が高いので駐車をより快適にすることができます。

 

 

アスファルトが駐車場舗装に向いている理由

アスファルトが駐車場舗装に向いている理由

 

なぜアスファルトは駐車場の舗装に向いているのでしょうか。

 

アスファルトには、使いやすさ、舗装工事にかかる期間、メンテナンスの点、費用などあらゆる点で利点があります。先ほどご紹介した事例の中で述べられていることと重複する点もあるかもしれませんが、改めてわかりやすくご紹介します。

 

 

駐車場が使いやすくなる

まず地面が平らになり駐車しやすくなります。アスファルトは広い土地を舗装する場合にも、きれいな平面にしやすいです。走行性が良くなり、快適に運転することができるのです。

 

また、水はけがよくなるのも特徴です。非常に高い排水性を持つので、車から降りた後に水たまりにはまるような心配もなく、雨の日の駐車も安心です。

 

 

短期間で施工できる

アスファルト舗装はコンクリート舗装と比較されることが多いですが、施工期間の短さはコンクリートにないアスファルト固有の特徴です。

素材と温度の関係などにより、コンクリート舗装の場合、一般的に最低1週間は養生期間が必要といわれています。しかしアスファルト舗装なら固まるのが早いので、舗装工事完了後数時間で駐車場として使用することができます。

 

 

メンテナンスが楽

アスファルト舗装なら舗装後に手間がかかりません。

草取りをしなくてよいので手入れが楽だということは先ほどもご紹介しました。それ以外にも、ラインの引き直しや一部の補修が必要な時にも、アスファルトなら自分で行うことも容易です。

 

 

舗装の費用も抑えられる

アスファルトが選ばれる理由は、舗装費用の安さがあります。アスファルト合材そのものの単価が安いため、コンクリート舗装に比べて費用を安く済ませることができます。

 

【アスファルト舗装の費用内訳】

アスファルト舗装の費用は、掘削代金・残土処分費用・砕石代・アスファルト舗装費用を合計した金額になります。各費用は面積ごとに単価で計算して算出されます。

 

ご家庭の駐車場を舗装する場合には、舗装完了までの間に車を置ける場所を確保する必要があります。コンクリート舗装は完璧に固まるために数週間かかることもあるため、近くに駐車場を借りる必要があります。しかしアスファルトなら数時間後に使用できるので、仮の駐車場を確保し駐車代を支払う必要がありません。

 

 

まとめ

いかがでしたか。本記事の内容を以下にまとめてみました。アスファルトに舗装しなおすことで、以下のメリットが得られます。

 

● 排水性が向上し水たまりを防ぐ

● 雑草が生えにくくなる

● 安い費用で素早く施工ができる

● お手入れが楽になり、メンテナンスも少なくて済む

 

砂利や土、コンクリートの駐車場でお悩みがある方は、アスファルト舗装を考えてみてはいかがでしょうか?

不安なことなどがあれば、舗装業者の方に質問したり、見積もりをしてもらったりすると良いでしょう。納得のいく形で理想の駐車場を手に入れましょう。

 

 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-600-0710

24時間365日・日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

下枠

24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0710

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。 弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

  • アスファルト110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼